金沢星の会へようこそ

★ 金沢星の会について

  「金沢星の会」は 昭和28年(1953)7月7日に 大和デパートで最初の市民観望会を
  開いたのを最初に、星好きな仲間たちが集まって活動しています。(*1 
  石川県の金沢市を中心に学生から社会人まで数多くのメンバーで構成されています。
  発足から半世紀がすぎ金沢から見える星空も随分と変わりましたが、
  「金沢星の会」はまだまだ元気に活動しています。
 

 

   夜空の美しさを味わい 多くの人とその楽しみを共有するためにこの会はあります。
  会員の参加資格は金沢に縁があり星が好きであるということだけです。
  興味を持たれたならば、是非一度例会を見学にきてください。
  歓迎いたします。

 

  主な活動は

   月に一度(原則第二日曜)開催される例会の場での情報交換
   天体観望・観測会の実施
   メーリングリストによる情報交換
   各地で開かれる天体観察会などの協力
   観測合宿・勉強会の実施
   会報「COSMOS」の発行(不定期)

  年会費(会費は総会にて決定します)
    一般会員:¥2,000     学生会員(高校生以上):¥1,000

         注:入会資格は原則として高校生以上とさせていただいております。

  

  ☆役員など
    ・会長   : 中嶋 秀夫    
    ・事務局: 長   兼弘    
    ・会計   : 米林 俊   
    ・監査   : 岡本 正樹       
    ・Web 担当: 山川 博    

 

 

  ★連絡先

   下記のフォームにて連絡いただくか会の事務局にまでご連絡ください 。
    また、直接 例会の席にお顔を出して頂いても結構です。


お 問い合わせ入力フォーム

 

   ホームページに関してはこちら to:  
そして事務局はこちらになります 
      

 

注記 *1)現在の金沢星の会が発足する以前、1925年頃から青山兵吉先生を筆頭とする
      メンバーにて「金沢星の会」という名前で天文活動が行われていました。
      戦争の激化に伴い、青山先生の「金沢星の会」は活動を中断することになります。

      1952年に金沢大学理学部で観測を行っていた川島武・葛城洋子・小池田忠蔵に
      より市民に天文現象を広く普及するための活動をする倶楽部が発案され準備に
      入ります。そして、戦前の「金沢星の会」から 会長に丸谷栄一氏、 顧問に
      青山兵吉先生を迎え、1953年7月7日に大和デパートで第1回公開観測会を
      行うことから活動を開始しました。