金沢星の会へようこそ

 
金沢星の会についての紹介は [ 金沢星の会について ]というページにのっています。
はじめての方は参照していただけると嬉しいです。

 


6月例会報告 (別ページにとびます)

★ 最近の天文現象 2019年夏

 6 月22日に夏至をむかえます。一年でもっとも昼の時間が長くなり、夜の時間が短くなる夏至の頃、太陽が沈み星たちが輝き出すのは21時を過ぎたあたりでしょうか。南の空ではサソリがきれいに立った姿でながめられます。サソリの心臓アンタレスのそばには木星が並び見事な競演となっています。少し経てば土星がいて座のそばで存在感を増していき、夜半には望遠鏡で楽しむことができます。
北陸は6月7日に梅雨入りをしましたが、実はこの季節、夜空をながめ星座を楽しむには良い季節なのです。空には数多くのたホコリがただよい、それに地上の光が反射して夜空を白っぽくしてしまいます。梅雨時は雨でうっとおしいですが、その雨で上空のホコリが洗い流されたあと、貴重な梅雨の晴れ間に現れた夜空にはくっきりと美しい姿を示します。楽しんでください。 


THE SKY6  Stellariumにて作成  

 

  • 金星 (-3.9等)
明けの明星です・・・が太陽に近くてほとんど観測できません。
  • 火星 ( 1.9等)
夕方、西の空に見えますが ちょっと…
7月4日(木)15時2分 月齢1.7の細い月に火星が隠されます。
  • 木星 (-2.6等)
観測好機です。
  • 土星 ( 0.1等)
20時ごろ木星の後を追うように昇ってきます。観測好機

  • 流星群
・みずがめ座δ南流星群 :極大7月31日03時 HR=15
・やぎ座α流星群 :極大7月31日03時 HR=5
 月明かりもなく、極大の時間帯もよく、学生さんは夏休みだし、最良
・ペルセウス座流星群 :極大8月13日17時 HR=50 
 三大流星群のひとつですが、今年は月齢13の月が夜空を明るく照らしています。期待しないで観測してみましょう。
  • 月食/日食
    (金沢にて)
・2022年 11月8日 皆既月食 
 次の条件が良い皆既月食は2022年までとびます

・金沢で見られる次の部分日食は2019年12月26日です。
 その次 2020年6月21日の先は 2032年11月3日までありません
 
  • その他
     
    メモ


例会案内 (会員以外の方の見学も歓迎いたします お問い合わせください

・ 7月 14日(日) 定例会
  時間: 午後1時〜4時
  場所: 銀河の里キゴ山ふれあい研修センター・天文学習棟 レクチャールーム

  お願い: 自家用車でおいでになる例会参加者の皆様へ
       格段の理由のない限りにおいて天文学習棟手前の駐車場ではなく、
       ひとつ手前の展望広場駐車場の利用をお願いします。
       天文学習棟手前の駐車場は一般利用者を優先させたいという会からの希望です。

 
    例会は毎月の第2日曜午後1時から冬季シーズンを除いて キゴ山ふれあい研修センター・天文学習棟 3Fレクチャールーム にて行っています。  冬季シーズンのあいだの開催場所は別途アナウンスします。 

 ★合宿/遠征/ほか 


★近隣の観望会 (2019年度)

★その他/講演会など







COUNTER

ウェブぺージ開設 2010.5.6 ( ^-^)_且~~~