金沢星の会へようこそ

 
金沢星の会についての紹介は [ 金沢星の会について ]というページにのっています。
はじめての方は参照していただけると嬉しいです。

 


1月例会報告 (別ページにとびます)

★ 最近の天文現象 2021年冬

 四分儀(しぶんぎ)というものを実際に目にしたことのある方は少ないと思います。これは星の位置(高度)を正確に測定するために用いられる測定装置です。天文観測ではもちろんのこと海を行く航海では時計とともに船の位置を知るために用いられる必須な装置です。

この四分儀を由来とした星座として、かつて北天にしぶんぎ座がありました。 現在の88星座ではりゅう座うしかい座あたりとされています。
 さて、三大流星群のひとつであるしぶんぎ座流星群が今年は1月3日23時に極大を迎えます。この流星群は活発に活動するのが数時間と短く、極大が昼間にあたるか夜に当たるかでその様相が変わります。今年は23時とあたりの年となります。要注意です。注目です。
暖かく観測できる準備をして是非ご覧になってください。

とは言っても 下の図にあるように23時ではしぶんぎ座流星群の放射点は地平線から顔を出したばかり。見頃はもう少し放射点が上がった頃、日付が変わってきてからになるでしょう。


THE SKY6  Stellariumにて作成  

 

  • 金星 (-3.9等)
太陽に近く観測しにくい

  • 火星 ( 0等)
昨年10月の地球最接近から5ヵ月を過ぎかなり離れました。
それでも火星の特徴である赤っぽい色合いは夜空に目立っています。

  • 木星 (-2.0等)
太陽に近く観測しにくい
  • 土星 ( 0.7等)
太陽に近く観測しにくい
  • 流星群
しばらく目立った流星群はありません
  • 月食/日食
    (金沢にて)
皆既月食 2021年 5月26日 (月出帯食)
部分日食 2030年 6月01日
・2035年9月2日 かほく市以北に日食の皆既帯が通ります。
 
  • その他
     
    メモ



★ 例会案内 (会員以外の方の見学も歓迎いたします お問い合わせください

・ 2月 14(日) 定例会  場所は未定


   

 ★合宿/遠征/ほか 

★近隣の観望会 (2020年度)

★その他/講演会など

  • 今年はサイエンスヒルズこまつさんで金沢大学と協力して宇宙天文分野で活躍する人たちによる講演会が定期的に開かれることになっています。チェックしてみてください。




COUNTER

ウェブぺージ開設 2010.5.6 ( ^-^)_且~~~