金沢星の会へようこそ

 
金沢星の会についての紹介は [ 金沢星の会について ]というページにのっています。
はじめての方は参照していただけると嬉しいです。

 


7月例会報告 (別ページにとびます)

★ 最近の天文現象 2020年夏

 北陸の梅雨は8月2日に明けました。これからは星空に楽しむシーズンです。
この季節、夜空の暗い、星のよく見えるところに行くと、南の空から立ち上がるような天の川が見えてきます。最近は街もすっかり明るくなって、白山周辺や能登のほうまで足を延ばさないと満天の星にはなかなか出会えなくなっているのは少し残念なところです。

南の空で星座を探す基準となるのは、普通であればさそり座の一等星アンタレス ですが、今年は一番に目に飛び込んでくるのは太陽系最大の惑星である木星です。望遠鏡を使うと惑星表面の模様や木星の回るガリレオ衛星たちを見ることができます。また、木星の左には土星が見えています。望遠鏡で不思議なリングを是非見てください。

さて、下の図に紫色で示されているのは有名な星雲・星団たちです。ニックネームのつけられたものが数多くあります。双眼鏡で探索するのが楽しいエリアです。
双眼鏡の選び方とかは左メニューの下の方に 雑記01 として書き散らかしたものがありますので参考にしてください。


THE SKY6  Stellariumにて作成  

 

  • 金星 (-4.4等)
明けの明星です。
  • 火星 (-1.5等)
21時半頃に東の空からのぼってきます。
秋頃の準大接近を迎え、見頃となってきました。

  • 木星 (-2.7等)
明け方近くになるまで 木星,土星と並んで見えています。

  • 土星 ( 0.2等)
  • 流星群
みずがめ座δ南流星群: 極大7月30日08時 HR=15 観測条件良
やぎ座α流星群    : 極大7月30日08時 HR=5 観測条件良
ペルセウス流星群: 極大8月12日22時 HR=40 観測条件悪
  • 月食/日食
    (金沢にて)
皆既月食 2021年 5月26日 (月出帯食)
部分日食 2030年 6月01日
・2035年9月2日 かほく市以北に日食の皆既帯が通ります。
 
  • その他
     
    メモ



★ 例会案内 (会員以外の方の見学も歓迎いたします お問い合わせください

・ 8月 9(日) 定例会  
     場所: 銀河の里キゴ山ふれあい研修センター・天文学習棟・宇宙科学工房 
    場所: 銀河の里キゴ山ふれあい研修センター・こども交流棟・研修室 ← 普段と異なります
    時間: 13時 〜 16時

   マスクの着用、検温、手指消毒、 利用者名簿提出への同意など協力お願いします。

 ★合宿/遠征/ほか 

  •  

★近隣の観望会 (2020年度)

  • 金曜日は星見の日キゴ山ふれあいセンター天文観測棟) 
    毎週金曜日、天文観測棟屋上デッキにて一般観望会が開催されます。
    (COVIT-19の状況により変更になることがあると思われます。)
    今年は事前予約制です。また、望遠鏡の画像を投影するなどによる間接的な観望になる予定です。また、都合が悪くなり行けなくなった際には電話にて一報くださいとのことです。

  • [中止] キゴ山星まつり
    今年度の「キゴ山星まつり」は開催が見送られることになりました。詳細はキゴ山さんのページを参照してください。

★その他/講演会など

  • 今年はサイエンスヒルズこまつさんで金沢大学と協力して宇宙天文分野で活躍する人たちによる講演会が定期的に開かれることになっています。チェックしてみてください。
    直近は8/9に開かれる高橋真理子さんのもの、8/30の四ヶ浦弘さんのものがあります。



COUNTER

ウェブぺージ開設 2010.5.6 ( ^-^)_且~~~