金沢星の会へようこそ

 
金沢星の会についての紹介は [ 金沢星の会について ]というページにのっています。
はじめての方は参照していただけると嬉しいです。

 


2月例会報告 (別ページにとびます)

★ 最近の天文現象 2020年春

 立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒さの残る冬の夜です。
夜空を見上げると冬の星座たちに続いて春の星座がのぼってきています。第一陣としてやってくるのがしし座です。’?’を裏返したマークの下に青白く明るく輝く一等星レグルスを見つけてください。このレグルス 獅子の前足かと一瞬思ってしまいますが、実は心臓です。別名”コル レオニス”とも呼ばれます。

ふ たご座のポルックスとこのレグルスのちょうど中間に暗い星の集まりがあります。空の暗いところだと肉眼でもぼんやり光の’しみ’みたいなものが見えます。双眼鏡を使えば星の集まりだということが分かります。これが M44 通称プレセベと呼ばれる散開星団です。M44を取り囲む4つの星を木の桶に見立て ”かいば桶”に藁がたっぷり入っている姿です。
星座ではここはかに座カニの甲羅にたっぷりの卵を宿した姿とも言われています。また、中国大陸では”積尸気(ししき)戸”と呼ばれ、魂が空に帰っていく所と言われていますし、ヨーロッパでは”ビーハイブ(蜂の巣)”と呼ばれたり、なかなか人気者な散開星団です。


THE SKY6  Stellariumにて作成  

 

  • 金星 (-4.2等)
宵の明星です。西の空にひときわ明るく輝いて見えています。.

  • 火星 ( 1.2等)
3時過ぎに東の空からのぼってきます。
  • 木星 (-1.9等)
4時半頃に東の空からのぼってきます。
  • 土星 ( 0.6等)
5時過ぎに東の空からのぼってきます。
  • 流星群
4月までめぼしい流星群の活動はありません。
  • 月食/日食
    (金沢にて)
・2022年 11月8日 皆既月食 

・金沢で見られる次の部分日食は2020年6月21日です。
 その次は 2030年6月1日(北海道にて金環日食)と 10年近く間が空きます。

・2035年9月2日 かほく市以北に日食の皆既帯が通ります。
 
  • その他
     
    メモ



★ 例会案内 (会員以外の方の見学も歓迎いたします お問い合わせください

・ 3月 8日(日) 定例会  (次回総会は5月になります)
  時間: 午後1時〜4時
  場所: 野々市市情報交流館カメリア 研修室   
    冬季シーズン(1〜3月)のあいだは野々市市情報交流館カメリアの研修室を借りて行います。
    研修室番号については館の案内板を当日ご確認ください。
    カメリア館内は無料の無線LAN接続サービスが利用できます。詳しくは受付でご確認ください。

 ★合宿/遠征/ほか 


★近隣の観望会 (2019年度)


★その他/講演会など




COUNTER

ウェブぺージ開設 2010.5.6 ( ^-^)_且~~~