金沢星の会・ 2021年の出来事

 

 

         

★ 2021年の活動実績ほか

  • 新年会 
    昨年より続く COVID-19 ウィルスの万延により新年会の開催は見送ることになりました。

  • 石川緊急事態宣言発令
    COVID-19感染拡大を受け石川県は県独自の緊急事態を宣言した。
    期間は5月9日から31日まで
    県民に午後8時以降の不要不急の外出自粛を要請
    兼六園など県有施設は閉園、閉館した。やなぎだ星の監察館「満天星」も閉館。
    キゴ山では「金曜日は星見の日」や「おとなの宇宙塾」などのイベントを中止
    6月13日まで延長し、まん延防止等重点措置終了とともに解除

  • まん延防止等重点措置
    政府は5/16にまん延防止等重点措置地域に石川県を加えた。
    期間は5月16日から6月13日まで
    これを受け金沢星の会では6月13日予定していた例会を中止としました。
    6月13日期間終了とともに解除

  • 5月26日(水)皆既月食
    COVID-19感染拡大のため予定されていた各地の観望会は中止となった。
     ・やなぎだ星の監察館「満天星」の”皆既月食観察会”
     ・野々市市情報交流館「カメリア」の”皆既月食観望会”
     ・サイエンスヒルズこまつの”スターウォッチング 皆既月食を見逃すな!”
    当日は予報より早く西から雲が広がり、石川県では月食の様子を見ることはできませんでした。
    日本全国でも見ることができたのは沖縄と東北、北海道方面に限られました。